ワーキングホリデー2009の募集が開始されました。
今年は10000人です。
今年の大きな変更点はありませんが、申請用紙のフォームがワークビザ用変わっていますので英語もしくはフランス語の記入になります。
しかしその分申請ガイドが丁寧に記載されているので分かり易くなっています。

その他は、2009の申請後、キャンセルをしたいと言う方は、大使館からの結果が届くまでにされると振込みしたプログラム参加費が戻ってきますが、結果が届いた後は返金されないので気をつけてください。


参加資格は下記のとおりです。
http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp_info.shtml


参加資格

日本国籍を有する人
2009年内にカナダに入国し、一定期間(最長1年)カナダで休暇を過ごすことを本来の目的とする人
以前にこのプログラムに参加していない人
申請書受理時点で18才以上30才以下の人(出発日の時点での年齢ではありません。)
有効なパスポートを持ち、かつ往復切符を所持、または購入できる資金を有する人
滞在を希望する期間、医療費を含めて生活に必要な資金を有する人
150カナダドル相当のプログラム参加費を払う人
常識があり、健康で性格善良な人
カナダで仕事が内定していない人
* 6. に関しては、申請の段階で証明書を提出して頂く必要はありませんが、入国の際に、当面の生活費及び、片道航空券で入国される方は、帰国に必要な旅費を持っていることを証明する必要があります。目安として最低50万円程用意されるようお勧めします。

申請書のダウンロードはこちら
http://www.canadanet.or.jp/i_v/fees/imm1295_2005_05.pdf

申請ガイドのダウンロードはこちら
http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp2009.pdf


学校に行かれる方、カナダの現地生活情報など無料サポート、現地エージェントの日本オフィスがオープンしました。
ホームステイを希望される方は学校と同時も申込みすると登録費が最大無料!

詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.studyoversea.jp/






コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL