10/17カナダでついに大麻が合法化になりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181018/k10011675661000.html

 

 

 

州によって異なりますが、18歳もしくは19歳(カナダの成人年齢)以上は30Gの大麻の所持が合法的に認められることになりました。

 

つまりタタバコやお酒と同じ位置付でカナダ政府下で今後、製造・販売が行われるということになります。

 

大麻については私がカナダにいた頃から度々議論の話題になっていました。

 

カナダの歴史は大昔、大麻は過去に合法として栽培・使用が合法で、また大麻は実は「薬」として医師から処方されることがありました。

 

そのせいか、大麻よりたばこやお酒の方が体に影響があると考えるカナダ人は少なく、日本人が思っているものと違います。

カナダ人は覚せい剤などは「薬物(ドラッグ)」と大麻などの「麻薬」は別にとらえているようです。

 

このように日本とは違う文化や歴史背景があるので大麻の身近さいうと私が通っていた語学学校でもディーベートやプレゼンテーションの題材になるほどでした。

 

 

ただその裏面で大麻が路地裏で未成年が購入できてしまうのは、政府の下で管理していないからと声を上げたのが今のカナダ首相ジャスティ氏。

 

「子供からお酒やタバコと同様に大麻を簡単に購入できない環境をつくる」

 

というのが今回合法化にした1つの理由のようです。

 


 

 

【カナダのタバコやお酒のしこう品販売環境について】

 

未成年の親御様は心配かと思います。ここでカナダの嗜好品販売環境についてお話します。

「BC LiquorStores」の画像検索結果

カナダではタバコやお酒などのいわゆる嗜好品の購入・販売は日本より厳しいです。

まず購入するには必ず身分証明書が必要になります。特に外国人は必ずと言っていいほど身分証明書の提示が要求されます。

またお酒は日本のようにスーパーやコンビニなどどこでも販売していません。アルコール中毒に配慮して政府が認定してる酒屋に行かないとお酒は購入できません。今回合法になた大麻も同じように管理・販売されていきます。

 

 

ただ、カナダにある日本領事館では日本人は大麻の購入をしないように呼びかけています。

https://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000921.html

 

 

 本年6月21日に成立しました「カナダにおける大麻に関する法律」が10月17日より施行されることに伴いまして、邦人の皆様に対し以下の注意点について改めてお知らせいたします。
 
1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。
 
2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。
 
3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。
 
4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻(大麻を含んだ食品・飲料についても同様)に手を出さないように十分注意願います。

 

 

 

未成年の方はもれなくタバコとお酒同様に喫煙・飲酒は法律違反です。

国が変われば成人する年齢も異なり、法律・文化・歴史も変わってきます。

ただそれをどう受け止め行動するかカナダの法律に従って行動できるかは、日本住んでいてもどこに住んでいても同じではないかと思います。

 

カナダの治安は日本と同じくらい良いですし、カナダ人はフレンドリーです。アメリカと違い銃も規制されています。

でもあくまでも海外です。繁華街には近寄らない。夜遅くは1人で出歩かないなど常識ある行動をする上でになります。

 

日本代表の1人と思って節度ある行動をしていきましょうね!

 

 

 

 

 

【高校留学やサマーキャンプ・語学留学でわからないことがありましたら気軽にご連絡下さい。】

 

カナダの携帯

日本で携帯が手放せないようにカナダではもっと必要になります。英語辞典やルートマップなど。。

=カナダスマホ情報=

朗報!IAJPでは2015年4月1日よりカナダの携帯会社FIDOのSIMカードの販売と携帯回線申込み手続きのご案内を開始しました。SIMフリーのスマホであれば日本にいるうちに申込み手続きをして、SIMカードもご自宅に郵送するので、カナダ空港に到着後すぐにローカルフォンとして利用可能です。

詳細はこちら↓

https://www.studyoversea.jp/column/292/
 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL