今回はトロントにある語学学校コーナーストーンの卒業生で、トロントの「スターバックス」で仕事が決まった方の体験談をご案内します。
 
受講プログラム:Intensive ESL & Intensive Business
卒業時レベル:ESL Level 6 (Pre Advanced)
仕事先: Starbucks


 
 
仕事探しはいつごろから始めましたか?
レジュメを作り始めたのは卒業する2週間ほど前から、実際に応募し始めたのは卒業後から始めました。
   仕事はどのように探しましたか?
スタバは基本的にオンラインでの応募しか受付けていないので、  オンラインページから応募しました。
     あとはレストランやカフェで働きたいと思っていたので、たくさんお店が並んでいる場所に行き、
     募集中と出ているお店に直接レジュメを配っていました。
  インターネットで探すこともしていましたが
     メールで応募することを指定されていなければ、メールはせず、
     なるべくお店に行ってレジュメを手渡しするようにしていました。

 
レジュメ作成で工夫した点があれば教えてください
学校のワーホリガイダンスの時に貰った資料を参考に、一度自分で作ってから、
先生に添削をしてもらいました。
     
面接で心がけた点などはありますか?
お客さんと接するポジションを探していたということもあり、
日本で行うアルバイトの面接ほど固くなりすぎず、
笑顔を忘れずにフレンドリーさをアピールすることを心掛けていました!
また、何を聞かれているのかわからなかったときや、聞き取れなかったときでも、
黙ってしまうことは避け、もう一度言って、例を挙げて、など頼んだりしていました。

 
スタバの面接ではどういったことを聞かれましたか?
接客の経験や、職場の人とのかかわり方について細かく聞かれました。
私は日本でもスタバやカフェで働いたことはなかったので、レストランやパン屋で
働いていた経験を話しました。スタバの面接は40分ぐらいと、他よりも長かったです。


 
在学中のワーホリガイダンスや、先生からのレジュメの添削はどのように役立ちましたか?
レジュメの書き方や面接への臨み方など、日本とは違うことばかりで、
日本では好印象とされることも、カナダではそうでないこともあります。
ワーホリガイダンスでは、そういった違いを学ぶことができました。
このことを知っていたおかげで、自分のしたい仕事を見つけることができたと思っています!

レジュメは、職歴を書く際に、自分では具体的に書いたつもりでしたが、
十分ではないとの指摘を受けました。このような、日本人の感覚ではわからないことを
指導してもらえたので、とても役に立ったと感じています。

 
これから仕事を探そうとしている生徒へのアドバイスをお願いします。 
仕事探しで一番不安に思うことは英語だという人が多いと思いますが、
トロントという土地柄もあって、“完璧な英語を喋る”ことはそこまで重要ではありません。
それよりも、ここで働きたい!という気持ちを伝えることが大切だと思いました。
たくさんレジュメを出してもなかなか返事が来ず、落ち込むこともあると思いますが、
諦めずに頑張ってください!


「英語力」を心配するワーホリの方は多いですが、様々なバックグラウンドから成り立つ都市、トロントでは、誰もが
なまりのある英語に慣れています。
重要なのは、熱意や、接客であればフレンドリーさ、あとは過去の経験をいかに魅力的にアピールできるかに尽きると思います。そこはカナダ日本関係なくどこも一緒なのですね。

全ては「諦めない」ことです。チャンスは来るものではなく自分から取りに行くものくらいの気持ちで挑戦していきましょう。そうやって行動してできた人脈はワーホリ生活に大きな影響を与える「出会い」につながると思います。
 
コーナーストーンでは、ワーホリで来ている学生に向けて、仕事の探し方やレジュメの作成方法、面接での心構えなどのサポートが充実していますのでもし興味がありましたら気軽に問い合わせください。

バンクーバー、トロント、モントリオール
カナダ留学 ¥0ホリ 無料エージェント IAJP 
http://www.studyoversea.jp/
FACEBOOK
http://www.facebook.com/iajpcanada

語学留学・ワーキングホリデー留学は下記のパンフレットでも読むことが可能です。
http://issuu.com/studyoversea.jp/docs/iajpebrochure2013/1?e=2391346/1324009


皆さんの応援いつもありがとうございます。皆さんからの読者登録が励みになります!1クリックにご協力お願いします。

http://overseas.blogmura.com/studyabroad/ranking_out.html


追伸 掲載許可をいただいたコーナーストーンさんありがとうございます。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL